スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE アトピー

FURARA「うううう・・・・かゆいいいいい」


くろこげ「うわ!どうしたのその顔!」


FURARA「ううう。。。アトピー性皮膚炎を発症してしまった・・・数年ぶりに・・・」


くろこげ「え?そうなの?、今「いつも通りキモいなー」って言おうとしたのに・・・」



FURARA「おいwwwwwww良く見てよ!赤くなってるじゃん!!」



くろこげ「良く見たくないwwwwwww」



FURARA「ひどい・・・ただでさえ心が折れそうなのに・・・」



くろこげ「ところで、マスター、さっきさ、きゅろから聞いたんだけどさ」


FURARA「はいさ、なにさ、なんなのさッ!」



くろこげ「・・・新しい神姫を購入したって・・・マジ?」



FURARA「・・・ククク・・・そうか、もう情報が漏洩しているのだな・・・」


くろこげ「!?・・・ということは本当に!」


FURARA「政府が隠している原発情報もそのように漏洩してもらいたいものだな・・・ククク」


くろこげ「不謹慎!!っていうか、さり気無く話題を反らすなww」



FURARA「イナバウァー!」


くろこげ「反るなwww」


FURARA「ウィーン」


くろこげ「剃るなwwww」


FURARA「ソルナック!」



くろこげ「ルナトーン!」


FURARA「いや、ポケモンの話とかしてないからwwwwwww」



くろこげ「あれ?・・・・」



FURARA「ところで、今日の朝飯は豪華だぞ!」


くろこげ「何?、洋食??」


FURARA「何?、お前の中では洋食が豪華なブレックファストなの?」



くろこげ「いちいち英語使うなwwww」


FURARA「SoRrywww」


くろこげ「なんでRを大文字にするんだよwww」


FURARA「いや・・・さっきから、「そり」を単語に含めようとしてるだけだから、もう気にしなくていいよ」


くろこげ「それは気が付かなかったわ・・・」



FURARA「いやうん・・・ごめん・・・俺も今適当に言った・・・」



くろこげ「・・・はぁ・・・で?なんなの朝ごはん」



FURARA「みろ!」


くろこげ「ん?」



FURARA「この輝かしい朝食をおおおおおお!!」



くろこげ「!?」


















くろこげ「サバの缶詰にあさこげ?そして、いとうのご飯か」



FURARA「豪勢だろうwww」



くろこげ「・・・」



FURARA「なんだよ!」




くろこげ「こんなもん豪勢でもなんでもねーよ!!」


FURARA「はぁ?和食をバカにしてるのかコラ!」


くろこげ「和食だからバカにしてるんじゃねーよwwwwwwwwww」



くろこげ「チンケな朝ごはんを自慢するチンケなマスターにガッカリしただけだよ!」


FURARA「チン○なマスターってなんだよ!」



くろこげ「いちいち伏せるなよ!!最近下ネタ多いぞ!いい加減にしろ!バカマスター!」



FURARA「はぁ???下ネタが少なかったら俺生きていけないしー!」


くろこげ「じゃあ死ねよwwww」


FURARA「やだしー」


くろこげ「社会から消えてくれたほうが、日本も安泰だよ」


FURARA「俺めちゃくちゃ社会に貢献してるし!」


くろこげ「はぁ?wwwどこがwww」


FURARA「え?・・・えーっと・・・その」


くろこげ「全然貢献してないんじゃんwwww」


FURARA「してるわい!」


くろこげ「だから、どこがwwwwww」


FURARA「お・・・」



FURARA「俺という存在が日本社会に潤いを与える!」


くろこげ「乾燥してひどいわ・・・」



FURARA「お肌もカサカサ!ゴキブリ!」


くろこげ「おい、落ち着けよwwwさっきから何バカなこと言ってるんだよwww」


FURARA「いや、いつもどおりでしょ」


くろこげ「そうだけどさww実際目の前でそういうことやられると結構目障りなんだよねw」



FURARA「言葉を慎みたまえwwwww」


くろこげ「何様だよwwwwwwwww」


FURARA「お兄様だよwwwww」


くろこげ「黙ってろよww」


FURARA「いいもんね!俺のことお兄様!って呼んでくれる神姫を買っちゃうもんね!」



くろこげ「・・・というような供述を幾度となく繰り返しているが・・・」


きゅろ「未だに、神姫を増やしてないよね、おにいたん」



FURARA「お前がいるから、他に神姫なんかいらないんだよ、きゅろたん☆」


きゅろ「んもー☆おにいたんったら~」




くろこげ「はい出ました!意味不明なバカップルノリ!」


FURARA「バカップルじゃねぇよ!」


きゅろ「そうだよー!バカおにいたんと一緒にしないでよ!」


FURARA「バカ兄妹略して、「ばかだい!」だよ!」



くろこげ「もうお前だけバカでいいよバカ」





きゅろ「もうおにいたんのくだらないネタに乗っかるの止めようかなぁ」






FURARA「・・・!いや、おい!お前が俺の相手をしてくれなくなったら・・・」


きゅろ「ん?」




FURARA「一体誰が俺の相手をしてくれるって言うんだ!」


きゅろ「うん、知らなーい」



FURARA「いいもん、新しい神姫買うもん!」


きゅろ「ホントにかうの~?」


FURARA「かうもん!」


くろこげ「さっきから痛いから一回キャラ戻せwwwww」





FURARA「というわけで、これがリストだ」



きゅろ「何これ?うわー、神姫のカタログじゃん」



くろこげ「なんか、神姫に赤丸ついてたりするんだけどwww調子に乗りやがってww」


FURARA「俺たちの妹になる神姫を選ぶんだから慎重になってるんだよ」


きゅろ「おにいたんの妹ではないよね、私たちの妹でもないけど」


FURARA「ほら、この子とかどうよ」



くろこげ「ストラーフMk2って・・・っていうかコイツ人気高すぎて高くない?」


FURARA「ストラーフMk2と聞いたとたんに機嫌が悪くなるくろこげさん」


くろこげ「別に悪くなってねーよ」


FURARA「ほう?」


きゅろ「やっぱこれがいいよ!」


FURARA「どれ?」


きゅろ「あなたの愛神姫に素敵な素体を!、最新鋭の技術を駆使して作られたバトルアーマードボディ!」




FURARA「素体は今のところいいかなぁ」


きゅろ「よくねーよ、さっさと体買えよ、いや買ってください、かってぇ!かってよう・・・」


FURARA「泣くな泣くなwww」



くろこげ「いい加減きゅろの体かってやれよww」


FURARA「きゅろの体はくろこげに使ってるしなぁ・・・」




















きゅろ「え?」

くろこげ「え?」











FURARA「あれ?知らなかったの?」



きゅろ「初耳だぞ?俺の体は俺の過去の記憶がないのと関係してるってお前言ってたろ?


FURARA「え・・・あ・・・あっと・・・過去に爆発事故があって・・・だな」


くろこげ「この体、どうも胸の部分がスースーすると思ったら・・・」


FURARA「ちょっと!見栄はらないの!」


くろこげ「はぁ?wwwwwはってないしwwwwwwwww」

FURARA「元から胸なんてないでしょう!」


くろこげ「あるよ!www」



FURARA「な・・・あれ?、そういえば、くろこげの素体っていつからそれになったんだっけ」


くろこげ「そういえば、いつからだっけ」


くろこげ「気が付いたら、肩も出てるし、内股も露出してた」



FURARA「それは俺の趣向による・・・アレだ・・・アレ」


きゅろ「その肌の色は俺のと同じだな」



FURARA「えぇ?ええ・・・気のせいじゃよ!」


くろこげ「これマジできゅろの体?www」


FURARA「・・・もう隠し通せないな・・・」


FURARA「その通りだ、今くろこげが使っている素体は・・・本来はきゅろのものだ」



くろこげ「え・・・冗談じゃないんかい!!!!」


きゅろ「おい!返せ!俺の素体かえせえええ!!」


FURARA「落ち着けきゅろ!・・・実は・・・この体は・・・」




FURARA「未来から来たお前が過去(現在)にきた際に頭部と素体が分離してしまったんだそして、それを繋ぎなおすためには、お前の頭の中にあるCSCを素体に移し変えなければならない、つまり今のお前の人格は死んでしまうってことで、俺的には今のきゅろのキャラがおいしいから死なせたくないなと」



くろこげ「あーもう分からん!混乱してきた」



きゅろ「なんなの?つまり、その素体は私の体であって、すでに私の体じゃないってことなの・・・?」


FURARA「んまぁ、そういうことだ」


FURARA「きゅろという存在そのものに特殊なプログラムが施されていて俺にも手出しができないんだ・・・」



きゅろ「私って・・・何者なの?」


FURARA「えーっと・・・・・・銀のあしあと、シリアスヴァージョンの詳細によると」


FURARA「お前は未来で未来の俺を殺した未来の俺と敵対している勢力のボスの愛神姫の妹分」

FURARA「・・・らしい」




きゅろ「つまり、おにいたんの敵なんだ?」



FURARA「らしいよwwww」


きゅろ「そうなんだあwwwwwwww」

FURARA「シリアスヴァージョンの説明面白いwwwwマジナゾwwww」



きゅろ「あはははwwwwwwwww」





















FURARA「俺はお前を愛している」


きゅろ「そんな台詞を期待してたわけじゃない」


FURARA「ホントだよ・・・きゅろ・・・」


きゅろ「・・・おにいたん・・・」


















きゅろ「本当に愛してくれてるなら素体用意しろよカスが」


FURARA「それとこれとは話が別で・・・」


きゅろ「だいたいなんだよ特殊なプログラムって・・・」

FURARA「お前の頭部のCSCを胸部に移す際に、記憶を失わないように別の場所にお前の意識そのものを移動する必要があるんだが・・・」


きゅろ「うん?」


FURARA「その意識を移動させるためのパスワードが必要なんだが・・・」


きゅろ「それが?」


FURARA「分からないんです・・・」



きゅろ「今から全てのパスワードを通りを試すぞ」


FURARA「3回間違えたら、爆発するようになってるんだ・・・」


きゅろ「えええ!?」










FURARA「妹は爆発するもんだからな」


きゅろ「・・・それ、たぶん、フツーの人に言ってもなんのことだか分からないと思うよ」



くろこげ「あのー」



FURARA「かわいい妹は爆発するんだよ・・・」


きゅろ「おにいたんの趣味が分かってる私なら、その発言の意味は理解できるけどさ」

くろこげ「あのおー」


FURARA「さすが、きゅろ!俺の趣味を理解してくれるなんて!」


きゅろ「理解はしてねーよ、把握してるだけだよ、ちゃんと日本語理解しろよ」


くろこげ「もしもーし」


FURARA「ニホンゴワカリマセーン!」

くろこげ「ねぇってば!」


きゅろ「お前は、世の中のゴミクズだ、社会のゴミだ塵となれ」

FURARA「言葉の暴力!」

くろこげ「無視するなよ!!」

きゅろ「理解してるじゃねえかww」



くろこげ「もういい!!」



バタン!


















FURARA「・・・ようやく邪魔者がいなくなったな」


きゅろ「・・・さて、本当のことを聞かせてもらおうか」









FURARA「実は・・・」









きゅろ「実は・・・?」















FURARA「お前は・・・」


きゅろ「お前は・・・?」
















FURARA「・・・」


きゅろ「・・・」ゴクリ















FURARA「ちょっとトイレ」


きゅろ「絶対そういう流れになると思ったwwwwwwwwww」



FURARA「後でな」



きゅろ「そして、このまま、くろこ劇も幕を閉じて今回の話はなかったことになるのなww」



















きゅろ「予想はできてたよ・・・おにいたん・・・」















きゅろ「・・・」








きゅろ「いや、おい、看破したんだから作戦変更しろよ!」








きゅろ「おーい!おにいたーん!!!」





FURARAさんがログアウトしました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あぁーwww
FURARAさんトイレ行かないで下さいよ~~wwwww
話の続きが気になるやないですかぁ~www

あ・・・







トイレ行ってきますwwwww

No title

>D村

わざわざトイレ行ってきます宣言しなくていいwwww


ネタにしてしまいそうだからww(何
プロフィール

FURARAandくろこげ

Author:FURARAandくろこげ
神姫界のお兄ちゃんマスターを目指して旅を続けるFURARAの・・・・・・・・・(くろこげ規制



バトルロンド・攻略ブログ




当サイトはリンクフリーと書いて、リンクを求めていると読みます!(謎

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。