スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトセーバー

FURARA「やっぱり、オビ=ワン・ケノービのライトセーバーか・・・それともアナキンの・・・」


くろこげ「何してんの?」


FURARA「おう、実は、近いうちに友人と殺陣の稽古をすることになってな」


くろこげ「さつじんってなに?」


FURARA「人を殺すことだよハハハ!・・・って違うよ、「たて」って読むの!」


くろこげ「し・・・知ってるよそれくらい!」

FURARA「この間、D村も同じこと言ってたぞ・・・せんぱぁい!殺人ですかぁ!って」

くろこげ「あんなヤツと一緒にすんなwww」



FURARA「まぁ、ようするに、来るべき日のための練習をするんだ」


くろこげ「ふぅん」


FURARA「で、そのための剣・・・まぁ、ライトセーバーを買おうと思ってな」


くろこげ「ライトセーバーって何?」


FURARA「あれ?何度かお前にも持たせなかったっけ」

くろこげ「さぁ?」


FURARA「なんか、ヴィーン!って言う蛍光管みたいな」


くろこげ「あああwwww・・・覚えてないわ」


FURARA「マジか!、それはそれは、確か、いずれくろこげと闘うことになると思って、用意しておいたんだが・・・」


くろこげ「用意周到だなww」



FURARA「いやいや、そんな事になるわけねーだろwwwってツッコンで欲しいんだけど・・・」















FURARA「くろこげ用ライトセーバーなくなったわ」


くろこげ「まぁ、別にいいけどww」


FURARA「今度買って来るね」


くろこげ「別に買ってこなくていいよww」

FURARA「なんでぇ!俺とライトセーバーごっこしようよぉ!」


くろこげ「うるせぇwww」

FURARA「俺ダースベイダーな!、くろこげはヨーダな!」


くろこげ「大きさでキャラ決めてるんじゃねぇよwwwwwww」



FURARA「ということで、赤いライトセーバーを探すかな」


くろこげ「じゃあボク、黒がいい」




FURARA「黒いライトセーバーなんてありません!」


くろこげ「はぁ?wwwなんでないの」

FURARA「んー・・・?映えないからじゃない?」

くろこげ「意味わかんねぇ!」



FURARA「まぁまぁ落ち着きたまえよw」


くろこげ「まぁいいけど」



FURARA「それよりさ、久しぶりに合体しないか?」


くろこげ「は?、なんで突然そんな流れになったんだよwwwって言うのと、さも以前合体したことあるかのように聞こえる発言はよせwwwって同時に言いたくなった」



FURARA「えー」


くろこげ「えーじゃねぇよwww」


FURARA「そんなことばっかり言ってると新しい子お迎えしちゃうぞ!」


くろこげ「金ないクセにwwwww」


FURARA「お・・・・借金するもん!」


くろこげ「バカだろwwww」


FURARA「どの子をお迎えしようかなぁ」


くろこげ「おい、ホントにお迎えする気かよ」


FURARA「当然だっ」


くろこげ「おい、落ち着けよ、食費増えるぞ」



FURARA「いやwwwwwww本来神姫に食費とかかからないしwwww」


くろこげ「かかるだろ」

FURARA「かからねぇよwwwお前ほど食費のかかる神姫も珍しいわwww」


くろこげ「はぁ?・・・ボクにいくらかかってんだよ」


FURARA「5000円くらい」


くろこげ「5000円くらいいいだろ」


FURARA「5000円あったら何できると思ってんの・・・」



くろこげ「どうせゲームの1つや2つと同じ値段だろwww」

FURARA「マックのハンバーガーセットを10日連続で食えるんだぞ!!」



くろこげ「うるせぇwwwマック中毒者www」


FURARA「お前にジャンクフードの素晴らしさは分からぬ!」


くろこげ「自分でジャンクフードって言うなよwww」


FURARA「やっぱりさ、バイトの面接の際もインパクトが必要だよな」



くろこげ「あぁ?」


FURARA「いや、俺マックで働いてるんだけどさ」


くろこげ「そうだったんだ」


FURARA「知らなかったのかよwww」


くろこげ「お前がボクのこと放置してたのが原因だろうがwww」


FURARA「そうでしたね・・・」


くろこげ「で?面接の時何やらかしたんだよ」


FURARA「面接の時に、どれだけマックが好きかアピールしたんだ」


くろこげ「バイトの面接に全力出しすぎだろwwww」



FURARA「人生常に全力で生きろ!そうすれば幸せになれる」


くろこげ「そのうち死にそうだねマスターは」


FURARA「というわけで、マリーセレスをお迎えしようと思う」


くろこげ「はいはいwww・・・って・・・は?」




FURARA「マリーセレスは純粋で、オーナーに忠実なとても愛らしい神姫だと聞いている」


くろこげ「毒舌で腹黒で、心の闇は窺い知れないって書いてあるけど」

FURARA「そんなマリーセレスちゃんをお迎えして、今度こそお兄ちゃんと呼んでもらうのだ」


くろこげ「なんかすごい展開を予測したwwwwwww・・・じゃなくて!!もう神姫買うなバカ!」

FURARA「おやおや、独占欲ですかくろこげさん」


くろこげ「ちげーよwwww何度も言うけど、食費かかるから止めろwwって意味だ」


FURARA「冗談でも、お兄ちゃんを他の人にとられたくない!って言ってくれればいいのに・・・」


くろこげ「冗談でもいわねーよ、死ね」




FURARA「け・・・けちんぼ!」

くろこげ「何歳だよwwwwwwww」

FURARA「け・・・けちん○!」

くろこげ「おいwww伏せるなよwwwwwwwwwwwwwwwww」


FURARA「おやおやぁ?くろこげさんは何を想像したのかなぁ?」

くろこげ「セクハラうぜええええ!!!」


FURARA「せくしゅあるはらすめんとぉ?・・・なんのことですかぁ?」


くろこげ「おい!!Hヤシ!早く、赤い剣よこせ!!こいつ殺せるくらいの威力付与して!」







きゅろ「マリーセレス参入に乞うご期待」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FURARAandくろこげ

Author:FURARAandくろこげ
神姫界のお兄ちゃんマスターを目指して旅を続けるFURARAの・・・・・・・・・(くろこげ規制



バトルロンド・攻略ブログ




当サイトはリンクフリーと書いて、リンクを求めていると読みます!(謎

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。