スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幾度目かのイベント幾度目かの最期の晩餐

FURARA「いってきまーす」




















FURARA「いってきまーーーす!!」

くろこげ「うるせーなwwwwさっさと行けよwwww」


FURARA「行ってらっしゃいって言ってくれたって良いじゃん・・・」


くろこげ「あーはいはい、行ってらっしゃい、二度と帰ってくんなww」


FURARA「行ってきます!」


バタン





きゅろ「どこいくんだろ?」


くろこげ「さぁ?」


きゅろ「わかったぁ!彼女の家だよお!」


くろこげ「もう1日は過ぎたんだからそんなこと言ったらダメだろww」


きゅろ「そうだねwww」




くろこげ「ボクの予想だとね・・・」


きゅろ「なになに?」


くろこげ「あれは、オタク友達に会いに行ったな!」



きゅろ「・・・おにいたん、友達いたんだ」

くろこげ「あ・・・じゃあ違うわ、どこ行ったんだろ?」



きゅろ「んー」


くろこげ「まいっかwwwwどうでもwww」


きゅろ「そうだよーwwwなんで早くこの結論に達しなかったんだろww」

くろこげ「じゃあ、久しぶりに、ジオラマスタジオごっこしようぜwww」


きゅろ「お前の首90度後ろに回すぞコラ」



















数時間後















くろこげ「関節曲がるって!!!!」


きゅろ「そのまま動くなよ・・・」


くろこげ「無茶言うなwwww」


きゅろ「あとは、私がこうやって・・・」




FURARA「ただいまぁ~!」


くろこげ「うわ!」

きゅろ「ぼふっ!?」





くろこげ「あーびっくりした・・・・・・・・・・・・・・」


きゅろ「いったーい・・・もう・・・ちょっと!おにい・・・・・・・・・・・・」







FURARA「ん?どうした?」





くろこげ「きんもーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


きゅろ「やべぇwwwwやべぇよwwww腹痛いwwwwwwww腹ないけど」




FURARA「なんだよおいwww人がせっかく髪切ってきたのに!」


くろこげ「何その髪型wwwwwwwウケるwwwwwww」


きゅろ「今改めて自分のオーナーがキモいのだと理解したwwwww」




FURARA「お前ら・・・・・・」



FURARA「お前らぁ!そんなこと言ってそれを聞いて俺が自殺したらお前ら逮捕されちゃうんだぞ!」


くろこげ「その顔でそんなこと言われてもwwww」


きゅろ「神姫に馬鹿にされて自殺!って見出しwwww」



FURARA「ひどい・・・君達ひどい」




くろこげ「あー笑ったwwくくww」


きゅろ「なんでさぁーもっとこうかっこよくしないのさー」



FURARA「いや・・・その・・・かっこよくしたつもりです・・・」



くろこげ「冗談はよせよwwwww」


きゅろ「おにいたん?wwwもうねwww1日じゃないんだよwww」



FURARA「畜生!むしろ1日で会ってほしいわい!」

















くろこげ「というわけで、腹痛くなったから慰謝料を請求する」


FURARA「理不尽様様じゃねえかよ!」

きゅろ「お、おにいたんのカバンに何か入ってるー」


FURARA「おま!勝手にあけるなよ!ってかどうやってあけてるんだよ!首だけのくせに!」



きゅろ「なにこれ」


くろこげ「おー、マルゲリータピザだって」


FURARA「それにコーラもあるぞー」


きゅろ「すごい!なんて豪勢なwww」


FURARA「今日はパーティだぜ二人とも!」


くろこげ「マジでー!ひゃっほー!!w」






くろこげ「なんかあったっけ今日」

FURARA「え?」

きゅろ「確かに・・・今日別に何もないよね?」


FURARA「うん」



くろこげ「なんでこんなに豪勢なの?」


FURARA「最期の晩餐だ」



くろこげ「・・・はぁ?」


FURARA「これから仕送りが来る15日まで、我々は冬眠しなければならない」


きゅろ「金が・・・」


FURARA「そう、これが最期の食事だ」



くろこげ「こんなもんが最期の晩餐であってたまるかよクソがwwww」


FURARA「お前!!wwwさっきまで喜んでたべ!ww」


くろこげ「最期の晩餐ならもっと豪華にしろよw」


FURARA「たとえば?」


くろこげ「たけのこの里フルコースとか」



FURARA「さすが神姫!お菓子と食事の区別も付かないとは・・・」


くろこげ「あ!今馬鹿にしたろ!」


FURARA「むしろ、馬鹿にしてない風に聞こえたなら俺の言い方が悪かった」


くろこげ「あーむかつく!死ね!」


FURARA「ふん!お前に蹴られることは我が業界ではご褒美というのだ!」


くろこげ「うわwwwwwwwwその髪でそれを言うかwww」


FURARA「やかましいwww髪の話はやめろwwwwwwww」




きゅろ「おにいたんの髪にチーズつけちゃえー」


FURARA「さり気無く何やってんだ!やめろ!っていうかまだ熱してないからあんまり意味ない!なくていいけど」



くろこげ「早く熱しろよwww」


FURARA「注文の多い料理店だなおい!」


きゅろ「料理店?」

くろこげ「なにそれ」




FURARA「え・・・」




FURARA「お前ら宮沢賢治しらねぇの?」


きゅろ「だれ?」


くろこげ「知らん」



FURARA「うわぁ・・・宮沢賢治しらねーんだ・・・うわー・・・ゆとり世代だなぁ」



くろこげ「ゆとりとか関係ないしwwwwwww」



FURARA「まぁ、このブログ見てるたいていの人はくろこげのこと「ゆとり教育の産物」だと思ってるけど」



くろこげ「はぁ?なんでボクがゆとり教育の産物なんだよ!」


FURARA「それっぽいじゃんwww」


くろこげ「ゆとり教育すら受けてねーし!」


FURARA「そうだった・・・」


きゅろ「むしろ、ゆとり教育を受けたおにいたんの神姫だから、ダブルゆとり神姫だね」


FURARA「ダブルつければカッコいいとか思ってんだろ!お前もゆとりだな!」


きゅろ「あ?んだとコラ?」



FURARA「いえ・・・なんでもないです」



くろこげ「だいたい、マスターがユニクロなんだろ」


FURARA「どうしてユニクロが出て来るんだよ!ゆとりだってゆとり!」


くろこげ「ちょっと間違えたくらいでうざいwwwこれだからニトリはwww」


FURARA「家具でも売るのかよ!」



きゅろ「おいお前ら、低級ギャグよせwww」



FURARA「どうした二人とも、今日はテンションが高いな!」


くろこげ「お前が一番たけーだろボケwww」


きゅろ「おにいたんさては・・・」


FURARA「え・・・」




くろこげ「まさか!」







FURARA「ククク・・・ばれては仕方ない・・・」













くろこげ「本当に彼女が!?」
きゅろ「新しい神姫を!?」
FURARA「今日が最期の晩餐なのだ!ヒャッハー!」
















FURARA「今俺たちが全然意思疎通ができてないってことがよく分かったな」

きゅろ「そうだね、まぁ、おにいたんとは死んでも意思疎通できないかな」

くろこげ「したくもないしねww」


きゅろ「ねーw」
くろこげ「ねーww」



FURARA「そこだけ意思疎通してんじゃねーよ!ww」















結局PSP版買ってねーやwwwwww


買おうか買わないか全然決まらぬ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FURARAandくろこげ

Author:FURARAandくろこげ
神姫界のお兄ちゃんマスターを目指して旅を続けるFURARAの・・・・・・・・・(くろこげ規制



バトルロンド・攻略ブログ




当サイトはリンクフリーと書いて、リンクを求めていると読みます!(謎

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。