スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼ごはんの選択

FURARA「突然だが、諸君、お昼ご飯っていつも何食べるか迷わないかね」



くろこげ「べつにー」

きゅろ「べつにー」



FURARA「なんでぇ!結構迷うじゃん!」


くろこげ「カップ麺でも食ってろよww」


FURARA「カップ麺にも種類があるじゃん!」


くろこげ「そんな細かいところまで迷うなよ・・・」



FURARA「今日はカレーかな!シーフードかな!って」


きゅろ「・・・おにいたん、何がいいたいの?」





FURARA「いや・・・いい加減飯のメニュー考えるの面倒になったから、我が妹達にも手伝ってもらいたくてな」
















くろこげ「妹?いないじゃん」


FURARA「何よ、今の間・・・」


きゅろ「おにいたん、マジな話してるときは妄想とかしないこと!いいね?」


FURARA「いや、俺結構マジな話してるんだけど・・・」



きゅろ「この際だから私たちのポジションってのを把握しようじゃないか」



くろこげ「ポジション?」


きゅろ「つまり、私たちは、おにいたんの何なのか、ってことをハッキリさせようじゃないかって」



FURARA「それはお前・・・」




FURARA「俺は、大切な妹だと思ってる」



くろこげ「真顔で言うなキモいからwwwwwwwww」


FURARA「マジメな話してる時にキモイキモイ言うのやめろwwwwww手洗い石鹸かよwww」



きゅろ「おにいたんもね」



FURARA「ごめんなさい・・・」


くろこげ「ギャハハハwww」


きゅろ「お前もな」



くろこげ「・・・」
















きゅろ「マジな話、私はおにいたんのこと、おにいたんとは呼んでるけどおにいたんとは思ってない」


FURARA「ヤベェ・・・きゅろに言われるのが一番傷つくかも・・・」



きゅろ「私はおにいたんのこと、弟みたいに思ってる」


FURARA「なんですと!?それは初耳でござるよ姉上!」

きゅろ「なんかどうしようもない弟だなって」


FURARA「しかしだなぁ・・・俺は姉には萌えないんだが・・・なぁ・・・」


きゅろ「くろこげはどうよ?」


くろこげ「え?」


きゅろ「くろこげは、おにいたんのことどう思ってるのよ」



くろこげ「んー」



くろこげ「ボクは・・・その・・・」


FURARA「その・・・?」



くろこげ「えーっと・・・///」


FURARA「え・・・何々まさか!」


くろこげ「ボクは、マスターのこと・・・」


FURARA「うんうんうんうん!まさかここになってそういう展開!」


きゅろ「おにいたん、そういう発言はフラグを折ることになるから気をつけてね」


FURARA「言う前に言ってほしかったぁぁぁ!!」


きゅろ「まだ折れてないから落ち着いてね」



くろこげ「マスターのこと、ただのバカだと思ってるwwwwwwww」



FURARA「きゅろのせいだああああああ!!!!」
きゅろ「テメェが悪いんだよカスが」



















FURARA「真面目な話俺はお前達をただの機械のオモチャだと思ってる」


くろこげ「あー!それはひどい!」


きゅろ「私たちは所詮機械だって言いたいの!?」



FURARA「そうだよ!お前らなんか人間様には勝てないんだよwwwわっふwww」



くろこげ「じゃあ、今ここで証明してやるよ!この世を支配する種族はロボットだってことをな!」


きゅろ「加勢するぜ!」



FURARA「ハハハハハハ!!俺にはもっと優秀な仲間が付いている!」



くろこげ「なに?休日にどこにも出かけない=友達いない疑惑のマスターが仲間だって!?」


きゅろ「学校でお弁当を一人で食べる=友達いない疑惑のおにいたんが仲間という単語を!」



FURARA「ロボットのくせに精神攻撃を仕掛けてくるなwwww」



くろこげ「そっちだって!今精神攻撃しかけてきたろ!」


きゅろ「MP減ったよ!いっぱい!」


FURARA「バカ!たいていのRPGのロボットキャラってMPねぇだろwwwwwwww」


くろこげ「たとえばなんだよ!」


FURARA「それはいえないな!」


くろこげ「いえないのかよ!ww」



きゅろ「ふ・・・話ばかりでは埒が明かない・・・」


くろこげ「やっぱりここは・・・戦闘で白黒つけようじゃないか」





FURARA「なんと野蛮な・・・これだから機械は」



くろこげ「おーおー!言ってくれるじゃん!久しぶりに本気を出せそうだぜ!」


きゅろ「おにいたんには隠してた秘密兵器を使うよ」




FURARA「フハハハ!!面白い!!シスの暗黒卿の力を思い知るがいい!」




くろこげ「なに!?」


きゅろ「まさか・・・おにいたんがシスの暗黒卿!?」





FURARA「みよ!俺のライトセーバー!」


ヴン!




くろこげ「・・・!」

きゅろ「!」


















くろこげ「な・・・なんか微妙な色だぞ!」(←どんな色だよ!


きゅろ「ならばこちらもライトセーバーだ!」


ヴン!





FURARA「何!・・・貴様・・・!ジェダイか!」







FURARA「面白い・・・!かかってこい!」



きゅろ「ふ・・・ジェダイは、自分から攻撃など仕掛けない」


FURARA「そうかい・・・ならば!」


FURARA「こちらから行くぞ!!」



ヴン!!




きゅろ「オラアアアア!!!」


ブンヴン!!ガキン!



FURARA「ヴあああああああ!!!!!」



くろこげ「よわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



きゅろ「お前の腕は捥ぎ取ったぞ!ダース・アホラー!」



FURARA「俺は選ばれしものだった!」



きゅろ「なんて無様な格好だ・・・!」


くろこげ「どうすんのこれwww」


FURARA「義手をつけるしかあるまいて・・・」



ウィーン















FURARA「というわけで、晴れて俺も機械の仲間入りさ☆」



くろこげ「手だけな」

きゅろ「いっその事、首を切ってやればよかったな」



FURARA「ふふふ・・・では、次はフォースの力を思い知れ!」


バリバリバリィィィ!!



きゅろ「ぐ・・・!これは!」



くろこげ「電撃!!」


FURARA「機械は電気に弱いのだ!ギャハハハ!!」


きゅろ「ぐ・・・わ・・・まずい・・・」



FURARA「ひゃっはあああ!!!・・・・アッヴァヴァヴァヴ!!!ァ」




くろこげ「制御できてない!www」




きゅろ「ふう・・・しねぇ!!」

ヴン!!




FURARA「あうち」


















FURARA「いやー、なかなか楽しかったなスターウォーズごっこ」

きゅろ「たまにはいいねwww」


くろこげ「ダメだ・・・やっぱりこういう時、全然乗れない・・・」


FURARA「くろこげー、お前キャラ薄いぞーもっと表に出てこないと!」


くろこげ「ムカっ・・・!」




きゅろ「私のようにさーもっとカッコよく動いてないと・・・」



くろこげ「分かったよ!!じゃあそこまで言うなら手伝ってよ!」



FURARA「いいだろう、妹の頼みだ」




くろこげ「マスターはここにたって」


FURARA「おう」



くろこげ「きゅろはこっち」


きゅろ「はーい」



くろこげ「で、マスターは緑のライトセーバーで、きゅろは、赤いライトセーバーね」



きゅろ「これ?ダース・モール仕様だね」




くろこげ「で、ボクは壁にはさまれて動けない」




くろこげ「スタート!」



FURARA「死ねぇ!きゅろ!!」


きゅろ「ジェダイなのにそんな台詞wwwwwwwww」



ヴンヴンヴン!!



FURARA「ヴァアアアアアアア!!!」




くろこげ「マスタアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!」






きゅろ「・・・って!あのシーンが再現したかっただけかよwwwwwwwwwwww」
























きゅろ「・・・そういえば今気付いたけど、結局おにいたんの仲間出てきてないよねwwwwwwwwww」


FURARA「・・・ぐ・・・それは・・・予算の都合上呼べなかったんだ」


くろこげ「金もらわないと来てくれない友人wwwwwwwww」












スターウォーズを知らない友人が多すぎてビックリしたので、今度上映会開くよ・・・


スターウォーズを知らないなんて・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分の場合
「食べるもの」よりも「食べるタイミング」で悩みますw

神姫のライトセーバーってガンプラのビームサーベルで十分行けますよね

No title

Hヤシ「やべぇ・・・起きたら15時だ・・・」

やしろ「涼ぉー、昼ご飯の時間もすぎたけど、どうするのぉ?」

Hヤシ「今昼飯と称して食べるか、朝昼夜兼用にするか・・・迷う!」


やしろ「早く起きればいいじゃなぁい笑」




こういうことですか?(謎

細部まで凝ってこその・・・


D村に頼めばくれそうだけどねww(蹴

No title

呼ばれたような気がしますwwww

1泊2食の宿泊研修いってきましたV
風邪気味で具合悪いのに・・・・・
たしろ「・・・・・早く しネ・・・」
D村「ん?たしろなんか言った??」
たしろ「早く良くなってね!!」
D村「もち!」

ライトセーバーは・・・・・・あげません!!wwwwww

No title

>D村

大学のかな?お疲れ様~

違うだろ・・・そこは


ミドナ「ふん・・・そのまま○ねば良かったものを・・・」

D村「ん?ミドナ?何か言った?」

タシロ「・・・ミドナはマスターの身を案じていただけです・・・」

D村「だよね~!」


にしとけ!(謎

タシロはそんなヤツじゃない!(・・・とその持ち主に言うかッ!

No title

>FURARA

はい、大学のです(′ω‵)
風邪のときは休んだほうがいいですね、はいwwwww

あ、よく見ればたしろでなくミドナでしたwwwwwwww
ボク時々黒色が白色に見えるんです←←
プロフィール

FURARAandくろこげ

Author:FURARAandくろこげ
神姫界のお兄ちゃんマスターを目指して旅を続けるFURARAの・・・・・・・・・(くろこげ規制



バトルロンド・攻略ブログ




当サイトはリンクフリーと書いて、リンクを求めていると読みます!(謎

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。