スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れたころにやってくろこげ


くろこげ「忙しい一週間も終わり、仕事は一段落ついた」


くろこげ「今日より、私は新しい旅に出ようと思う」




くろこげ「・・・なんだこれ?」


きゅろ「おにいたん家出したー」


くろこげ「家主が家出してどうすんだよwwwwwwwwww」


きゅろ「は?家主は私だよ?」


くろこげ「そうだっけ?」

きゅろ「そうだよww何言ってんのww」


くろこげ「そっかぁwww」















くろこげ「昨日から見てないねあのバカマスター」


きゅろ「え?昨日行ってきますって言ってたじゃん」


くろこげ「いつ?」


きゅろ「朝」



くろこげ「聞いてなかった」


きゅろ「おにいたんが、「くろこげに無視された・・・」って言って出かけてたじゃん」


くろこげ「気付いてなかったwwwwwwごめんwwマスターwww」


きゅろ「一応謝るんだwww」


くろこげ「本人がいないからねwww」










FURARA「泣かなくていいんだよ?お兄ちゃんはここにいる」




きゅろ「あ、なんか来た」


くろこげ「今ちょうど、きゅろと二人で遊ぼうと思ってたのに!」


FURARA「え・・・あれ?・・・私の予測とは違う反応ですな・・・」





FURARA「・・・とまぁ、それはおいといて・・・」



FURARA「君達に新しい仲間を紹介するッ!」



くろこげ「・・・!」

きゅろ「・・・!」




くろこげ「ヒソヒソ!(とうとう新しい神姫買ってきやがった!!!)」

きゅろ「ヒソヒソーッ!」

くろこげ「ヒソヒソ!!(実は、新しい神姫なんか買わないと思ってたのに!)」


きゅろ「ヒソヒソーッ!」

くろこげ「ヒソヒソ(待てよ・・・?もしかしたら、また冗談かもしれないな、はははwww)」




FURARA「新型黒子 ストラーフMK2!」


ストラーフMK2「・・・うむ」




くろこげ「って、ホントにいるよおおおおおお!!!!(ヒソヒソ!!!)

きゅろ「ヒソヒソー!!!!」




FURARA「さっきから何やってんだお前ら」
























FURARA「というわけで、ストラーフマーク2の、マークろこげ、略して「まくろ」だ」


まくろ「宜しく頼む、お前たちは私の姉という事になるのだろうか」



くろこげ「はぁ・・・」

きゅろ「ふぅ・・・」



FURARA「どうした、お主たちも挨拶せんか」



くろこげ「マスターの口調!」

きゅろ「おにいたんの口調!」


FURARA「なんじゃよww・・・じゃなくて、なんだよ!」



くろこげ「ボクはくろこげ、マスターの「一番最初の!!!」神姫だよ」



きゅろ「私はきゅろこげ、おにいたんの「二番の!!!!」神姫だよ」




くろこげ「2番を強調してどうすんのwwwwwwwwww」


きゅろ「え?」



まくろ「そうか・・・ならば、私は兄様の3番目の神姫ということか・・・」

















くろこげ「に」


きゅろ「い・・・」

くろこげ&きゅろ「さまぁ~~!?!?!?!?」



くろこげ「おい!このクソマスター!!!」


FURARA「いたっ」


くろこげ「おまえ・・おまえ・・・!!!」


くろこげ「神姫になんてことぉおおおおおおおお!!!!!!!」



FURARA「落ち着け!!!バカ!!」


ヴィーン!!!



くろこげ「!?」



まくろ「兄様の身は私が守る!」




FURARA「ふふふ」



くろこげ「な・・・なんじゃそりゃ」



FURARA「実は、フロントラインの重役の方と面識があってね・・・ふふふ(嘘」

FURARA「私の願望を奏上したところ、聞き入れてくださってね・・・」




FURARA「この新型、ストラーフMK2を私にくださったのだ!!ヒャッハー!」



くろこげ「な・・・なんてヤツだ」


FURARA「だが安心したまえ、くろこげ、君も私の大切な大切な妹だ!ハッハッハ!!」


まくろ「兄様・・・私はこのようなこと聞いていませんでした・・・」


FURARA「どうしたのだね?」

まくろ「私は・・・本当は・・・兄様の一番の神姫でいたいのに・・・」


FURARA「ハハハハハ、なんと愛いヤツよ・・・安心したまえ、今は君が一番だよぐふふ」



くろこげ「・・・」



きゅろ「あーぁ」



FURARA「よしよし」


まくろ「兄様・・・」






くろこげ「なんだよそれ・・・」


きゅろ「諦めなよ、今日からくろこげは3番で私が2番だ」



くろこげ「そんなこと聞いてないよ・・・」





くろこげ「・・・ううう・・・」
















・・・

















FURARA「って夢見ちゃったテヘ☆」



くろこげ「あ?なんか言った?」


きゅろ「へー」



FURARA「ちょっとぉ!!マジメに聞いてよぉ!」



くろこげ「はいはい」


FURARA「新しい神姫を呼び寄せたらきっと、こんな感じになると思うんだ!」



くろこげ「どんな感じだよ」


FURARA「今言った夢の話だよ!」


くろこげ「聞いてなかったし」


FURARA「聞いてよ!」



くろこげ「めんどいw」


FURARA「ちくしょう!現実ってひどい!」




くろこげ「落ち込むなよww」



FURARA「あ、そうだ、くろこげ」


くろこげ「ん?」



FURARA「今年の9月に発売だな!」


くろこげ「何が?」


FURARA「武装神姫バトルマスターズの続編!」


くろこげ「へぇ」


FURARA「買う?買う?買っちゃう?」

くろこげ「買わない」




FURARA「なんでやねん」



くろこげ「貯金するって言ってたじゃんかwww」


FURARA「なんでやねん!」


くろこげ「なんでやねんって・・・」



FURARA「そうか・・・貯金するんだったな・・・」


くろこげ「だいたい、ゲーム買う金自体ないでしょ」


FURARA「あるよ!」


くろこげ「あるのかよ!!だったらその金でたけのこのさt・・・」




FURARA「他の人の財布の中に」


















くろこげ「警察ですか!!変態がいます!」

FURARA「泥棒だよ!!変態じゃねーよ!!!」


きゅろ「どっちにしろアウトwwwwwwwwwww」







スポンサーサイト

それってむなしいんじゃね特集


FURARA「さぁ、4日ほど前からFURARA様が愛飲している、青汁ですよっと」

くろこげ「うげぇ・・・何その液体」


FURARA「青汁って言ってな、体にええんやで☆」

くろこげ「田舎のおじさんかよwwwww」



FURARA「はぁ?お前田舎のおじさんを馬鹿にしてるだろ!」


くろこげ「別に馬鹿にはしてねーよwww」

FURARA「今、白いワイシャツが標準装備って言ったろ!」


くろこげ「いつ言ったんだよ!言ってねーよ!」



FURARA「ならいい」



くろこげ「はぁ?www」




FURARA「そんなことより、これが青汁だ」


くろこげ「さっき聞いたよww」


FURARA「お兄ちゃんが飽きっぽい、ってことは知ってるよな?」


くろこげ「うん」



FURARA「浮気性だってことも知ってるよな?」


くろこげ「だから何だよ」



FURARA「フツーに青汁飲むのも飽きたわけね」


くろこげ「で?」




FURARA「青汁の箱の横にさ、牛乳を入れて 青汁・オレ にして飲んでみては?って書いてあるのよね」


くろこげ「書いてあるね、まろやかな風味をお楽しみ頂けますってさ」


FURARA「今から、牛乳を入れてみたいとオモイマース!」



くろこげ「勝手にしろよww」


FURARA「ウヲ!なかなか混ざらないな」


くろこげ「粉の上に牛乳かけろよwwww」


FURARA「いいじゃん!牛乳に粉を入れるってスタンスでも!」


くろこげ「混ざってないじゃん・・・」


FURARA「浮いてるね」


くろこげ「・・・」


FURARA「混ぜるか」



くろこげ「おい!飛び散ったぞwwww」


FURARA「失敗失敗!」


くろこげ「汚いなぁもう」



FURARA「うりゃ!」


くろこげ「気をつけろよ」






FURARA「よし完成だ」



くろこげ「なんか、あんまり美味しくなさそう」



FURARA「美味しいよ?」


くろこげ「まだ飲んでないじゃんwwww」


FURARA「オレには分かる」


くろこげ「はぁ?wwww」



FURARA「ほら、飲んでみ」



くろこげ「さては、ボクに味見させようってワケだなwww死ねwww」



FURARA「飲まないのぉ?お兄ちゃん飲んじゃうよぉ?」


くろこげ「勝手に飲めよww」



FURARA「・・・」





FURARA「ゴクリ・・・」


















FURARA「are?」



くろこげ「・・・どうした?」




FURARA「あ、これフツーに美味い」



くろこげ「マジで?」


FURARA「飲んでみ?」


くろこげ「どれどれ・・・」



くろこげ「んぐっ」





きゅろ「やーいやーい!間接キースッ!」



くろこげ「ブーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!」






くろこげ「やられた!!!」



FURARA「いやいやいやいや!!!オレはそんないやらしいこと考えてません!偶然です!」



くろこげ「バカマスターああああ!!!!」



FURARA「落ち着いてください」



くろこげ「うわ・・・きたねぇ」ゴシゴシ



FURARA「くろこげさんが、私と間接であろうともキスしたくないであろうと思いましてですね・・・」



FURARA「ちゃんと、口をつけてない方向をくろこげさんに向けておきましたから」


FURARA「だから大丈夫ですよ」


くろこげ「なんだよもうwww」



きゅろ「・・・」


くろこげ「びっくりさせんなよwwきゅろwww」



FURARA「まぁ、「今日は」口をつけてないだけですがね」




















くろこげ「うぇえええん・・・」



FURARA「マジ泣きするなよ!!」


くろこげ「冗談だよ」



くろこげ「別に間接キスとか気にしないし!」


FURARA「メッチャクチャ気にしてたやん!!」


くろこげ「気にしてねーよ!小学生か!wwwマジうけるんですけどw」



FURARA「じゃあ、さっきのは一体・・・」



くろこげ「マスターのほうが気にしすぎだよ」


FURARA「オレがぁ?」


くろこげ「どうせ、女の子にジュース(の余り)貰ったりする時、ときめいてたりするんだろ!」


FURARA「すると思ってんのか?」


くろこげ「うん」

FURARA「まぁ、するんですけどねwwwwwwwwwwww」




くろこげ「うわ、キモいキモい!!」



FURARA「逆に時めかない男子がいるのかと問いたい」


くろこげ「いるでしょ」


FURARA「いねーよwww」


くろこげ「絶対いる!」


FURARA「男に幻想抱きすぎwwwwwwwww」


くろこげ「女の子を優しくいたわってくれる紳士的なダンディはいる!」


FURARA「そんなもんいねーよwwwwwwwwwwww」


くろこげ「いるよ!」


FURARA「じゃあ、逆に問うけどさ、お兄ちゃんが好きすぎてお兄ちゃんの近くにいる女を殺すようなイモウトが現実にいるか??」


くろこげ「それはいない」


FURARA「だろ?男も同じだよ」


くろこげ「そんなことねーよ!」


FURARA「ねーことねーよwwwwww」


FURARA「あのなぁ、男の頭の中は10割エロスの塊なんだぜ?」


くろこげ「お前だけだろwwwwww」

FURARA「いやいや、マジで、男がSEX以外に考えてること っていう本を知らないのかよ」


くろこげ「なんだよそれ」



FURARA「だから、男がSEX以外にはどんなこと考えているのか、その真相を書いた書物だよ」



くろこげ「SEX以外何考えてるんだよ」



FURARA「何も考えてねーよ」


くろこげ「はぁ?wwwwwwww」


くろこげ「じゃあ、その本何て書いてあるんだよwww」

FURARA「何も書いてないよ?」


くろこげ「はぁ?それじゃあ本じゃないじゃん」



FURARA「本だよ?」



くろこげ「意味分からん」



FURARA「男はSEX以外に考えてることなんてない=全ページ白紙」




くろこげ「じゆうちょうかよwwwwwwwwwwwww」


FURARA「そうだよwwwwwwwwwww」


















くろこげ「で、なんの話だっけ」


FURARA「SEXの話だろ?」


くろこげ「そうかそうか・・・ってちげーよ!!!」


FURARA「違ったっけ」


くろこげ「違うわ!!」


FURARA「イモウトの話だっけ?」



くろこげ「はいはいはいはい、もう終わり、じゃーね」


FURARA「ふふ」

















FURARA「うまく間接キスの話は誤魔化せたようダナ!」

きゅろ「おにいたん・・・」



FURARA「あ!おい!きゅろ!お前のせいで!危ないところだったじゃねーか!」


きゅろ「私何もしてないよ」


FURARA「間接キース!とか言って囃(はや)し立てただろwww」


きゅろ「だ・・・だって・・・」



FURARA「え・・・」

















きゅろ「危険だと思ったから・・・」


FURARA「そうなんだ・・・」








今週がつらすぎる・・・


今週乗り越えたら来週は・・・!

あなたの香りは・・・

くろこげ「ねぇ、マスター」

FURARA「若きパダワンよ」


くろこげ「スターウォーズはもういいからwwwwww」


FURARA「どした?」



くろこげ「シャンプー変えた?」


FURARA「クンクン・・・!お兄ちゃん!他の女の匂いがする!お兄ちゃんの匂いじゃない!」






















FURARA「すみません、調子に乗りました、すいませんでしたー!」

くろこげ「シャンプー変えた?」


FURARA「コンディショナーを変えた」


くろこげ「うぜぇwww」


FURARA「なんで!?」


くろこげ「その匂いうざいwww」



FURARA「なんで!ローズマリーエキス配合よ!」


くろこげ「なんかヤダwww」


FURARA「あぁ、これ女性用だからな」


くろこげ「なんで女性用買うんだよwww」


FURARA「何でって・・・」



FURARA「男性用580円 女性用特価価格!!280円」


FURARA「どっち買うよ?」



くろこげ「女性用」


FURARA「だろ?wwwww」


くろこげ「だってボクは女の子だから」



FURARA「俺が悪かった、お前結構頭悪いんだったな」



くろこげ「はぁ????」











FURARA「やるかコラ?」


くろこげ「やらないよ」


FURARA「ノリ悪いなぁ・・・」


くろこげ「もう、マスターの背中に爆弾しかけちゃったもんねーwww」


FURARA「またまたぁwwwww」


くろこげ「ホントだよwwww」


FURARA「そういうところも可愛いよwwwくろこげt」



ズギャーン!
































くろこげ「痛かった?」

FURARA「気持ちよかった」


くろこげ「死ねよwwww」

















くろこげ「ねぇ、マスター」

FURARA「ん?」


くろこげ「D村から聞いたんだけど、本当に新しい神姫お迎えしたの?」


FURARA「俺の妹はお前だけさ・・・!」


くろこげ「ば・・・!そういう恥ずかしいことをすぐに・・・」


FURARA「ふふ」

くろこげ「・・・//」


きゅろ「おい」


FURARA「俺の妹はお前らだけさ・・・!」


きゅろ「言い直しても遅い」


くろこげ「まぁ、今のは演技だけどね」


FURARA「酷い!二人して私を騙して!」


きゅろ「お前が言うなwwwwww」


くろこげ「きゅろは別に騙してなくねwww」


FURARA「ところで、青汁買ってみたよ」


くろこげ「話逸らすなよ」



きゅろ「ゴクッ・・・うぇ・・・苦い・・・のどに・・・」


FURARA「え・・・」




FURARA「ナイスです!青汁さん!」


きゅろ「水をくれ・・・」


くろこげ「粉末のまま飲むなよwwwwwwwwwwwwwww」



FURARA「なんかエロかったねwwww」




















FURARA「水をどうぞ、きゅろこげ様」


きゅろ「遅い」



くろこげ「箱にも粉末のまま飲まないでくださいって書いてあるだろww」



FURARA「そんなヤツ普通はいねぇよwwwww」








きゅろ「・・・」





FURARA「って・・・あはは・・・いや・・・その」



FURARA「宴会の席だったらおにいちゃんもやっちゃうかなぁ!!なーんて・・・」



くろこげ「マスターは口開かないほうがいいよwww」


FURARA「ムグー!」


くろこげ「そういうのいらない」



FURARA「ごめんなさい・・・」




きゅろ「まぁ、いいけどね、私はもとから「ねたよういん」だし」



FURARA「首だけだしね」



きゅろ「未だかつて、おにいたん以外に、神姫を首だけでキャラクターとして成り立たせたオーナーはいないんじゃないかな」


FURARA「あなたは特別なのです」


くろこげ「おじいさんにとって!」


FURARA「私は特別な存在だったのです!」


くろこげ「そしてボクは!」

FURARA「私にとって特別な存在だったのです!」


くろこげ「でも実際は!」


FURARA「私にとって自分自身が一番特別な存在だったのですwwww」


くろこげ「そんなあなたに!」


FURARA「もうむり!」



くろこげ「そんなにネタ切れ早かったらダメだよ、芸人目指してるのに」


FURARA「目指してねーから!!」

くろこげ「あれ?芸人目指してるんじゃないの?」


FURARA「役者だから!っていうかナレーターだから!」


くろこげ「ナレーターに?」


FURARA「なってクレーター!」


くろこげ「・・・レベル2といったところだな」



FURARA「それは高いの?」


くろこげ「マスターの頭の中ではレベル2は高いほうなんだ?」


FURARA「・・・低いです」


くろこげ「まぁ、ナレーターになれーたー!とか言うよりは若干マシかな」


FURARA「手厳しいね、じゃあそんなくろこげに俺からも難題を出すよ!」


くろこげ「いいよ別に出さなくてw」



FURARA「青汁飲んで・・・!」


くろこげ「あ・・・ぉ・・・じ・・・る・・・お?」



FURARA「青汁飲んで歯をいじる」



くろこげ「語呂はいいけどダメだな、レベル1」



きゅろ「青汁飲んで あ!叔父さん!死ぬる!」



FURARA「レベル10!」


くろこげ「感性がおかしいwww」




きゅろ「くろこげはいえなかったからレベル0だな」


くろこげ「む!」



FURARA「やーいやーいwwレベル0ぉwwww」


くろこげ「どっかのアニメみたいなこと言うのやめようぜww」


きゅろ「まずはその!」

くろこげ「ふざけた幻想を!」



FURARA「やめて!夢から覚めたくない!夢からさめt」





バイトいってきます

THE・虫

FURARA「それは・・・とある雨上がりの宵・・・」

FURARA「一人の男が部屋の中で静かに佇んでいた・・・」



FURARA「彼は意識を集中させていたのである・・・」



FURARA「そう・・・」



FURARA「彼の部屋を徘徊する悪しき存在を・・・」



くろこげ「いいから早く虫殺せよ!!!」


FURARA「女の子が殺せとか言っちゃいけません!」

くろこげ「さっきから、ブンブン飛び回ってうざいんだよ!ww」


FURARA「ならば見ていなさい・・・私のこの速さを!」



虫「ブーン」



FURARA「ふんッ!!!!!!!!」







くろこげ「やったか!」















虫「ブーン」



くろこげ「おい!捕獲に失敗してるぞ!バカマスター!」


FURARA「むむむ!あの虫・・・!できる!」


くろこげ「ほんとにウザイなぁ」


FURARA「ホントだな!ハハ!」


くろこげ「マスターが、だよ」



FURARA「お褒めの言葉として受け取っておこう」

くろこげ「褒めてねぇよバカwwwwwww」




FURARA「しかし・・・このティッシュは捕獲に失敗したし・・・どうしよう?」


くろこげ「どうしようって?」


FURARA「虫に少し触ったかもしれないじゃん?汚いじゃん?」

くろこげ「マスターが触った時点で同じくらい汚いから大丈夫でしょ」


FURARA「なるほど!」


くろこげ「納得すんなよww」


FURARA「じゃあ、くろこげちゃんが触ってくれたら清いティッシュになりまんがな!」

ポイッ


くろこげ「ちょwwwwなげんなwww」


FURARA「ほれほれ~~!!」


くろこげ「やめろwww近づけるなwww汚いwww」



FURARA「汚くないよ!」

くろこげ「じゃあなんで、つまんでるんだよwww」


FURARA「俺が触ると汚れるからだよ!」


くろこげ「・・・」









虫「ブーン」





FURARA「いたぞ!3時の方向だ!」


くろこげ「何が3時の方向だよwww調子に乗りやがって」



FURARA「こうなったら、我が隠れた秘術を解禁せねばなるまい・・・」



FURARA「ふんっ!」


くろこげ「なんだよ・・・」




FURARA「THE!キャッチ!」


くろこげ「そのまんまwwwwwwwwwwwwwwつまんなwww」



虫「!」


フゥン!

















FURARA「・・・!」


くろこげ「・・・お」


FURARA「に?」


くろこげ「すげえ!」


FURARA「い?」


くろこげ「技名はダサいけどキャッチできたじゃん!」


FURARA「ちゃ?」


くろこげ「ん?」



FURARA「わーい!」



くろこげ「なんだ?」




FURARA「俺のトラップカードにひっかかったぁ!www」


くろこげ「何言ってんだ?この馬鹿は。」





FURARA「どれ、本当に虫を捕獲できたか確認だよ」


くろこげ「逃げられたらヤバイからさっさと捨てろよwww」


FURARA「拘束解除!」


くろこげ「おい!」















FURARA「あれ?」


くろこげ「虫がいない・・・」











FURARA「隊長!俺のレーダーにはくろこげしか映っていません!」


くろこげ「捕獲失敗かよ・・・」


FURARA「というわけで、任務変更!くろこげを捕獲する!」


くろこげ「ちょwwwさわんなwwwwwww」



FURARA「くろこげをティッシュで捕獲!」


くろこげ「おい!放せよwww」




FURARA「ふひやひゃはやああ!!!」



くろこげ「おい!!!!」




























FURARA「ごめん、つい興奮した」


くろこげ「・・・」
















くろこげ「ところでさ、何日ぶりに書いたわけ?」


FURARA「何を?」


くろこげ「くろこ劇」


FURARA「さぁ?」


くろこげ「さぁって・・・」

FURARA「今時代の流れはくろこげじゃなくてフシギダネだもんねwww」



くろこげ「はぁ?w」



FURARA「はぁって・・・」



くろこげ「いちいちボクの真似すんなウザイからwwwwwww」



FURARA「くろこげちゃんがお兄ちゃんの真似してるんでしょ?おにいt」




















くろこげ「前回の話の最後に謎の神姫登場!って言ってたよね?」


FURARA「さぁ?」


くろこげ「さぁって・・・」


FURARA「なんのこと?」


くろこげ「とぼけんなよww思いっきり書いてるじゃねえか!D村だって期待してるぞ!」


FURARA「神姫なら死ぬほどいるから、謎の神姫って言われてもピンとこない」


くろこげ「はぁ?」

FURARA「はぁって・・・」


くろこげ「謎の神姫って言ってたのマスターじゃん」


FURARA「はぁ?」


くろこげ「ウザイからそれやめろ」


FURARA「はぁ・・・」


くろこげ「次、はぁって言ったら殺すから」


FURARA「はぁ?wwwふざけんなww」


くろこげ「はい言った!殺す!殺す殺すー!」



FURARA「ちょっと!痛い!疾風迅雷ダメェ!!!」


バリバリバリッシュ!!


















くろこげ「反省した?」


FURARA「はぁ・・・」


くろこげ「・・・」スッ



FURARA「バリバリバリッシュ!!!」









プロフィール

FURARAandくろこげ

Author:FURARAandくろこげ
神姫界のお兄ちゃんマスターを目指して旅を続けるFURARAの・・・・・・・・・(くろこげ規制



バトルロンド・攻略ブログ




当サイトはリンクフリーと書いて、リンクを求めていると読みます!(謎

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。